花粉症で症状が発生する理由

花粉症でお困りではないでしょうか? テレビではワイドショーや生活情報番組で花粉症についての特集が組まれ、ドラッグストアに行くと花粉症対策のメガネやマスク、サプリメント等が販売されています。
さて、アウルクリニックといたしましては、花粉症の症状を抑える治療として有効なものに「ヒスタグロビン注射」をお勧めいたします。
花粉症は空気中を漂う花粉を吸入した際、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ等のアレルギー反応を起こしている状態の事です。
その時、体内では「ヒスタミン」という物質が作られ、過剰な生体反応を引き起こしています。

ヒスタグロビン注射のメカニズム

ヒスタグロビンを定期的に注射することで、ヒスタミンへの抗体をつくります。
それにより、アレルギー反応でヒスタミンが生産されても、耐性ができて反応を抑えられるのです。
慢性的な花粉症症状でお悩みの方には非常に有効な治療法です。

治療期間、費用など

治療期間・効果

ヒスタグロビン注射による非特異的減感作療法は、週1~2回程度の頻度で6回行います。
これによって3~4か月間全てのアレルギー反応を大幅に抑えることが期待できます。

注意点

・身体の状態、他の治療を受けられている場合など、本治療を受ける事が出来ない場合があります。
事前にお問い合わせください。
・本治療は週に2回程度の間隔で6回続けることを1クールとし、1クールの期間来院して頂く必要があります。
1クールで十分に効果が現れない場合は更にもう1クールの注射を行います。

費用

ヒスタグロビン注射は保険が適用されます。
一回:1,340円 2回目以降は880円。注射による治療。通常、本治療を6回行います。
※上記はあくまで一例です。治療内容、処方箋の有無によって料金は変動いたします。